1. トップページ
  2. リチウムイオンキャパシタ(LIC)の特徴
更新情報

リチウムイオンキャパシタ(LIC)の特徴

1.高出力・高密度を両立

480Aという大電流で放電しても、高い静電容量が得られます。
(試験条件)充電:CCCV 10A, 3.8V, 30min / 放電:CC 10~480A, 2.2V
      CPQ2300S(角型タイプセル2300F)

ULTIMOは、正極に電気二重層キャパシタと同様の活性炭、負極にリチウムイオン電池と同様の炭素材料を使用していますが、リチウムイオンをプレドープする独自設計により、高い出力密度とエネルギー密度を両立した次世代の蓄電デバイスです。

2.長寿命


80万サイクル経過後で、顕著な劣化は見られません。
(試験条件)充電:CC 100A, 3.8V / 放電:CC 100A, 2.2V / 休止無し
      CLQ1100S1A(ラミネートタイプセル1100F)

8000時間経過後で、顕著な劣化は見られません
(試験条件)印加電圧:3.8V / 雰囲気温度:70℃
      CLQ1100S1A(ラミネートタイプセル1100F)

ULTIMOは、電気二重層キャパシタよりも高いセル電圧で使用することが可能かつ、優れた高温耐久性を有しています。これは、プレドープにより負極電位を下げることで、正極電位が高くなることを抑えた設計にしているためであり、同時に負極の劣化も抑制されるため、充放電サイクルを繰り返しても高い耐久性を有しています。

3.すぐれた安全性

試験 条件 結果
発火 破裂
過充電 電流: 200 A
充電率: 250%
最大電圧: 20 V
狭着治具使用
なし なし
過放電 電流: 200 A
電圧: 0 V
なし なし
外部短絡 短絡抵抗: 3 mΩ
雰囲気温度: 55 ℃
なし なし

リチウムイオン電池では、正極に金属酸化物を使用しており、異常時にセル温度が上昇すると正極の熱分解により酸素が放出されて、熱暴走反応が起きる可能性が有ります。
一方、ULTIMOは、正極に活性炭を使用していますので、異常時に短絡などによる発熱はありますが、熱暴走反応が起こることはなく、優れた安全性を有しています。

※これらの試験結果は、それぞれ記載の試験条件の下で観察されたものであり異なる条件の下での同様の結果を保証するものではありません。

製品紹介

ULTIMOリチウムイオンキャパシタ“ULTIMO”には、セル単体の"ULTIMO"セル、複数のセルを組み合わせた"ULTIMO"モジュールがあります。
また、"ULTIMO"セル、"ULTIMO"モジュール共に軽量薄型のラミネートタイプ、堅牢性に優れた缶タイプを提供可能ですので、お客様のニーズに合わせてお選び頂けます。
※ULTIMOはJMエナジーの登録商標です。